BLOG 今日の工事

NEW

2021.03.21更新 積志町の家

基礎工事(配筋)

配筋工事です。

当社の基礎はベタ基礎が標準でベタ基礎は液状化現象への対策としても有利とされています。

また、基礎は【許容応力度構造計算】により詳細が決定されます。

許容応力度構造計算は専門の構造計算事務所が行います。

当社の建物は全棟この構造計算を行い、

耐震等級3(性能表示制度上の耐震最高等級)を取得します。

※耐震等級3=阪神淡路大震災の1.5倍の地震に対して全半壊しない

また、耐震等級3であることを第三者機関に証明してもらい証明書が発行されます。

これにより地震保険が半額になるという大変大きなメリットがあります。

いつ発生してもおかしくないといわれている東海地震に対して安心して住めるというメリット。

そして、経済的なメリット。

両方を得られるとういうことです。