BLOG 今日の工事

NEW

2020.12.08更新 北欧の家

外壁下地施工

 

外壁の下地が施工されています。モルタル下地+アイカ工業のジョリパット吹付塗装仕上げを採用しました。

モルタル下地は富士川建材工業のラスモルⅡノンクラック通気工法を当社の標準仕様としています。この工法は

 

構造用合板

透湿防水シート

胴縁

フジカワ通気ラス(鉄板をリブ状に加工したもの)

ラスモルⅡ下塗り

ラスモルⅡ上塗り

アリスグラスファイバーネット(ガラス繊維ネット)

仕上げ材(ジョリパット)

 

この順番で施工されます。

 

 

ラスモルは現場で調合する必要のない既調合モルタルのため、品質が安定しにくいという従来のモルタルのデメリットを解消できます。クラックが発生してしまう可能性があるという点もアリスグラスファイバーネットにより大幅に軽減されます。

 

さらに二重壁構造による通気工法により壁体内の湿気を常時放出するため耐久性と防水性が大きく向上するというメリットがあり、この工法は品確法 住宅性能表示制度の劣化対策等級3に該当しています。

 

 

 

たくさんのメリットがあるこの工法ですが、各工程における施工の注意事項も様々で、職人さんも大変かと思います。

それでもこの写真のように下地の時点でここまできれいに施工してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです!

仕上がりまでもうしばらくかかりますが、楽しみです!よろしくお願いします