BLOG 今日の工事

NEW

2022.05.07更新 葵西の家

1階床工事

葵西の家は、断熱工事が順調に完了し、何枚もの床合板を

敷き詰める作業に取り掛かっています。

大引きの向きにより、床合板をのせる向きも決まっています。

土台部分だけでなく、合板と合板をつなぎ合わせるさね部分にも

合板用ボンドを塗り、しっかりと接着させていきます。

釘を打つ際にも一手間かけています。

通常、床合板を土台に固定する際には自動くぎ打ち機を使います。

自動くぎ打ち機で打った釘が必要以上にめり込んでしまうと

構造耐力が弱まる要因となってしまいます。

そうならないために、自動くぎ打ち機の加圧を下げ、

大工さんの手で丁寧に仕上げていきます。